Compose ファイル

リファレンスとガイドライン

これらのトピックにおいては Docker Compose フォーマットに基づく Docker Compose の実装を示します。 Docker Compose 1.27.0 以降 では、Compose 仕様 に定義されたフォーマットを実装しています。 それ以前の Docker Compose バージョンは Compose ファイルフォーマット 1、2、2.x、3.x をサポートします。 Compose 仕様はファイルフォーマット 2.x と 3.x を統合したものであり、両フォーマットにおけるプロパティをまとめています。

Compose と Docker の互換性マトリックス

Compose ファイルフォーマットは 1、2、2.x、3.x と複数バージョンがあります。 以下に示す表においてこれをわかりやすく示します。 各バージョンに含まれる内容やアップグレード方法についての詳細は バージョンとアップグレード を参照してください。

以下の一覧表は、Compose ファイルのどのバージョンが Docker リリースをサポートしているかを示すものです。

Compose ファイルフォーマット Docker Engine リリース
Compose 仕様 19.03.0 以上
3.8 19.03.0 以上
3.7 18.06.0 以上
3.6 18.02.0 以上
3.5 17.12.0 以上
3.4 17.09.0 以上
3.3 17.06.0 以上
3.2 17.04.0 以上
3.1 1.13.1 以上
3.0 1.13.0 以上
2.4 17.12.0 以上
2.3 17.06.0 以上
2.2 1.13.0 以上
2.1 1.12.0 以上
2.0 1.10.0 以上
1.0 1.9.1. 以上

この表に示している Compose のファイルフォーマットバージョンに加えて、Compose そのもののリリーススケジュールがあります。 詳しくは Compose リリースに示されています。 しかしファイルフォーマットのバージョンは、個々のリリースに合わせてバージョンアップする必要がありません。 たとえば Compose ファイルフォーマット 3.0 が初めて導入されたのは Compose リリース 1.10.0 ですが、その後のリリースの中で、徐々にバージョンアップを行ってきています。

最新の Compose ファイルフォーマットは Compose 仕様 において定義されていて、Docker Compose 1.27.0 以上 において実装されています。

Compose ドキュメント

fig, composition, compose, docker